バイク王の人を知る(3)

バイクに興味がない人にも、
バイクの魅力を伝えていきたい。

  1. ソーシャルメディアグループ/2019年入社
  2. 木村 つぶら
  3. TSUBURA KIMURA
入社前後のギャップは?
入社前のバイク王は「CMで見たことがある会社」という印象でした。これまでバイクに乗ったこともなく、バイクに関する知識も全くなかった私ですが、説明会や選考での人事担当者の対応を見て、「この人たちと一緒に働きたい!」と思い入社を決めました。入社までは「男性が中心の業界なのかな」「バイクの知識がないとダメなのかな」と不安でしたが、すぐにそんな不安も吹き飛びました。会社の環境は入社前に感じていた通りフレンドリーで温かい雰囲気で、分からないことは何でも優しく教えてくれるので、安心して仕事をはじめることができました。
バイク王で働く喜びは?
現在、私は広報の仕事をしています。入社前はバイクとの親和性がなかった私ですが、バイクの展示会など様々なイベントに参加する中で、どんどんバイクが好きになっていき、今ではバイクの教習所に通って免許を取得中です。免許を取る前から「どんなバイクを買おうかな」とワクワクしています。こんな風に「何かに熱中してワクワクする気持ち」を、仕事を通して感じられるのはすごくありがたいことだと思います。新しいことに興味を持って、新しいことを勉強して、新しい発見に出会う。そんな経験ができたことにとても感謝しています。今後は、まだバイクに乗ったことがない人にもバイクの魅力を伝え、少しでも多くのライダーを増やすことができるように、広報担当としての活動を頑張っていきます。
バイク王の魅力は?
若手にチャレンジする機会を与えてくれるところです。入社1年目の時、私は電話受付の部署にいましたが、2年目の時に広報の部署へ異動になりました。部署異動は強制ではなく、自分で今の部署に残るか、新しい部署に移るかを選択することができます。「せっかくチャンスをいただけたのなら、挑戦してみよう」と思い、広報の仕事にチャレンジすることに決めました。このように、挑戦できる機会を与えてくれ自分で挑戦するかどうか選択できることは、バイク王の大きな魅力だと思います。広報という新しいフィールドで、自分らしいやり方で、「バイクの魅力」をどんどん発信していきます。
働きやすいと思うところは?
風通しが本当にいい会社だと思います。若い世代が多いということもありますが、役職関係なく誰にでも話しかけやすい雰囲気があり、お互いにフォローし合いながら業務を進めていける環境です。産休・育休から復職した方や、時短勤務で働いている方など、子育てと両立しながら働いている方もたくさんいて、女性が長く働ける環境も整っていると感じています。また、福利厚生も充実しているので、その点も働きやすさに繋がっています。バイクを安く買えたりレンタルできたり、多くのライダー仲間ができるのも、バイク王ならではの魅力。免許が取れたら、さっそく利用してコミュニティを広げてみたいと思っています。
これからの目標・ミッションは?
私が取り組んでいるのが「バイク王の広報担当の顔」として、情報発信をすることです。私が情報発信者となって、HP、YouTube、イベント、SNSなどで、バイクの面白さや魅力を伝えていこうと思っています。私が体験したことや面白いと感じたことを、自分の言葉で届けていき、バイクを知らない人が「バイクを好きになるきっかけ」になってくれたら嬉しいです。そのためには、もっとバイクに関する知識や、広報に関する知識を深めていく必要があります。新しい情報にアンテナを張り、たくさんの人に楽しんでもらえるような企画をしていきたい。

PROFILEプロフィール

  1. 木村 つぶら
  2. TSUBURA KIMURA
  3. 所属 ソーシャルメディアグループ
    入社年 2019年